矯正歯科のデメリットや気をつけたいこと

>

矯正歯科から治療院選びまでの基礎知識

美観と噛み合わせ

矯正歯科とは、歯科の診療科のひとつで、歯並びの悪いものをきれいにする治療のことを言います。治療することは美観を保つだけではなく、噛み合わせを正しくすることにより、食べ物をしっかりと噛み砕き、歯のガタツキをなくすことにより、歯の衛生面をよくし、本来の歯の寿命を延ばすことの効果にも役立ちます。

噛み合わせを正しくすることは、実は非常に大事なことです。というのも、噛み合わせが悪いことで、顔をゆがませたり、頭痛や肩凝りなどの身体に対しても影響を及ぼす場合もあります。また、虫歯や歯槽膿漏、歯周炎にもなりやすくなり、口臭の原因にも大きくかかわってきます。つまり、噛み合わせをよくすることは、私たちの心身の健康をもたらすことにもつながります。

歯列矯正

口の中に何もない状態で歯と歯を噛んだ時に違和感を覚えたり、アゴが痛くなった場合には噛み合わせが悪いと思ってください。また、歯並びや噛み合わせの状態は変化します。

年齢とともに歯並びが変わるのは、歯を食いしばったりする力仕事、親知らずに押されたり、虫歯で歯を抜いた場合、長い間放置しておいたり、歯が弱くなると小さくなり歯と歯の間に隙間ができたり、頬杖を突くなどのクセからくる場合もあります。なので、気づかず歯並びが変化していきます。

そのため、小さい頃に整列していた歯並びは、中高年になっても生じることで、歯並びは悪くなることもあり、噛み合わせが悪くなることもあります。気になったときは、一度、歯医者さんに診てもらったほうが良いと思います。


この記事をシェアする