矯正歯科のデメリットや気をつけたいこと

>

矯正装置を知ること

2種類の矯正装置

矯正する度合いにもよりますが治療には1~3年程度の期間が必要となるのが一般的です。しかも、治療には矯正された歯の位置を安定させるために保持さておく期間も必要となります。また、子供においては出っ歯や受け口などといった、歯並びよりおおきなアゴからの成長を大きく変えるには治療期間も長くなる場合があります。

矯正歯科治療の装置としては様々なものがあります。大まかには2種類あり、歯の表面に装着する『固定式』と自分自身で脱着できる『可撤(かてつ)式』に分かれます。固定式は歯のひとつひとつに小さなブラケットと呼ばれる装置を接着し、細いワイヤーを通し、歯を矯正するための力を加えます。可撤式は簡単に言うとマウスピースみたいなものです。

通院する期間

矯正装置を初めて装着したときは、歯が少し浮いたような感じや硬いものが噛みにくかったり、人によって程度は変わりますが違和感は生じます。場合によっては痛みが生じます。しかし、その違和感や痛みは2日程度でなじんできて気にしなくなります。

また、1か月に1回程度の矯正装置の調整のため、通院が必須になります。治療後も噛み合わせの管理を行うため、数か月は通院もあります。なので、数年をかけて、通院するのですから職場や住居から近い場所の歯科を選ぶとよいと思います。

そして、治療中の食事ですが、特に制限はありません。ただし、硬いものや粘着するようなものは避けるとよいでしょう。特に固定式を選択した場合は歯磨きを丁寧に行わないと、虫歯や歯ぐきの炎症を引き起こす恐れがあります。


この記事をシェアする