矯正歯科のデメリットや気をつけたいこと

>

治療するための基礎知識

歯を抜くこともある

矯正治療には歯を動かす治療です。これは矯正専門医の判断にゆだねられますが、場合によっては抜歯をするケースもあります。抜歯することで、歯を動かすだけの、整列するためのスペースを確保しなければなりません。

もちろん、抜かないこともあります。その場合には、歯列の幅を広げていったり、奥歯を奥のほうへ順次移動させながらスペースを確保するのが一般的です。それでもやはり、アゴの大きさなどで動かす量は限られています。最悪の場合は抜歯もあるということです。

治療には保険がききません。よって、自費の支払いとなります。その費用は治療方法や治療期間により変動があります。いずれもけっして安くはありませんので、分割払いが可能か否かも矯正歯科を選ぶ場合には考慮するべきでしょう。

矯正歯科とセカンドオピニオン

いずれにせよ、矯正歯科治療は治ったあとのケアも大事です。ケアをしないと元に戻るといったケースもあります。また、成人になってからの矯正は、骨が固まっていますので、歯列矯正でも施せない場合もあります。固定されているものを動かそうとするのですから、歯や歯ぐきに負担をかけてしまうこともあります。

まとめますと、歯列矯正には個人差があります。デメリット等も考慮して、矯正が必要かの判断することが重要です。そして、費用の安さだけで歯科を選択しないようにして、治療内容や不安、疑問をきちんと説明してくれる信頼できる歯医者さんを見つけることも重要です。

あとは、セカンドオピニオンを活用することも必要かもしれません。そうすることで不安や疑問が払拭できるとよいですね。


この記事をシェアする